ノンリコースローンと不動産

ノンリコースローンというのは、提供した不動産のみを担保として融資を受けるというサービスです。
それでも、これからノンリコースローンが広く一般に浸透していくのではないかといわれています。
ノンリコースローンなら、担保にした不動産を売却し、その分を返済に充てます。

ノンリコースローンは、不動産市場にもいろいろと影響を与えるといわれています。
そういうわけで、ノンリコースローンでは割と慎重に融資額が決定されるみたいですよ。
不動産価格についてはバブルで痛い目を見ていますから、ノンリコースローンも、そのあたりは慎重にならざるを得ません。
ノンリコースローン以外の普通のローンなら、担保分を売り払っても借入金が残っていれば、それを支払う必要があります。
ただ、提供された不動産のみに担保を限定するとなると、ノンリコースローンは、金融機関にリスクがありそうですね。
ノンリコースローンの普及により、不動産の価格に影響が出るというのは、確かにありそうな話です。
経済に詳しい人なら、ノンリコースローンについては、おそらくご存じでしょうね。
聞いたところによると、ノンリコースローンの普及により、不動産の価格差が広がるのではないかといわれているそうです。