がん治療

スポンサードリンク

がんの検査法

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

がんの検査には様々な方法があります。
がん検診の際には、検査内容についてよく知っておく必要があります。
・PET(Positron Emission Tomography = 陽電子放射断層撮影)
陽電子(ポジトロン)を放出する放射線同位元素で標識された薬剤を注射し、薬剤の体内分布を特殊カメラで映像化します。
細胞の活動性を画像化するため、悪性腫瘍の性質(悪性度)の診断や転移・再発巣の診断、治療効果の判断に有用性が高いです。
PETでは超早期のがんが映せない問題があります。
また、肺がんはPETよりもCTの検診が精度は高いと言われています。
・腫瘍マーカー
がん細胞のマーカーと呼ばれる目印に、がんの特異的な物質を出すものがあります。
そのような物質を血液中で測定する検査します。
腫瘍マーカーは、進行した悪性腫瘍に対するがん治療の効果があがっているか、再発しているかどうかを調べる検査法なので、早期発見に使えるという位置にはありません。
・胸部ヘリカルCT
小さな肺がんを見つけるのに有効な検査法です。
ベッドに横になって息を止め、X線で撮影します。
肺がん以外には、呼吸器、循環器など胸部の病気を見つけることができます。
このような検査でがんが早期で見つかったら、がん治療によって延命の確率が高くなります。
がんは早期で発見された場合、ある程度治療できる病気です。
がん検診を定期的に受診することは、生活を守るためにも重要なことなのです。

抗がん剤

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

多くの種類のある抗がん剤は、がん治療に欠かせないものです。
がん細胞の分裂が早いことから、がん治療で使われる抗がん剤は、分裂の早い細胞を攻撃する特徴があります。
抗がん剤と言えば強い副作用が想像されますが、抗がん剤の進歩はめざましく、また副作用を和らげる薬もできています。
がんが全身に散らばる可能性があって、局所の手術などでの治癒が難しい場合などで用いられています。
がん細胞は、DNA合成や細胞分裂を頻繁に繰り返し増殖スピードが速いのが特長です。
この性質をもった細胞を抗がん剤は攻撃し、がん細胞の増殖を抑えるのです。
しかし、がん細胞だけでなく、毛髪の細胞も増殖スピードが早いため、抗がん剤の副作用で毛髪の細胞も攻撃されてしまうことがあります。
これが、副作用として毛髪が抜けてしまう理由です。
現在では、がん細胞だけを攻撃し、正常細胞をできるだけ傷つけない抗がん剤、分子標的薬などができています。
抗がん剤の使い方には、手術後、がんが転移、再発しないように使用する場合があります。
また、抗がん剤で大きながんを小さくして手術するのに用いられたりしています。
抗がん剤を複数用いることで、それぞれの抗がん剤の長所を活かし、副作用を少なくし、進行がんを手術できるようになっています。
抗がん剤の種類には、細胞障害性抗がん剤と分子標的治療薬があります。
細胞障害性抗がん剤は、代謝拮抗剤(たいしゃきっこうざい)、毒ガス研究から開発されたアルキル化剤、抗がん性抗生物質、細胞の中にある微小管の働きを止めることにより、がんを死滅させる微小管阻害薬などに分けられます。

最新のがん治療―遺伝子治療

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

現在行われている最新のがん治療の1つに、遺伝子治療があります。
遺伝子治療は手術などとは違い、副作用の少ない治療方法です。
遺伝子治療には下記のものがあります。
・免疫遺伝子療法
体の免疫力を強くし、それによってがんを治療する方法です。
免疫とは、ウイルスや細菌、がん細胞を異物と認識してそれを攻撃し排除する、体が持っている機能です。
リンパ球の、がんへの攻撃力を遺伝子操作によって強化して体内に戻す養子免疫遺伝子療法と、がん細胞の遺伝子を操作して標的として認識されやすいようにして、転移などで残っているがんを縮小・消失させる腫瘍ワクチンという方法があります。
・自殺遺伝子療法
哺乳類が持っていない代謝酵素遺伝子を体内のがん細胞に導入します。
この代謝遺伝子はプロドラッグと呼ばれる無毒で医薬品により投与で、ある酵素によって毒性化します。
このがん細胞を毒性化させる自殺機能により、がん細胞だけを殺してしまう方法です。
・がん抑制遺伝子療法
がんを抑制する働きを持つ遺伝子の1つがP53です。
がん細胞には、このP53が非常に少ないことがわかっています。
正常な細胞は、一定期間増殖を繰り返した後死滅しますが、がん細胞は異常増殖してしまいます。
P53は、細胞の増殖を抑制します。
P53は放射線や化学物質によってDNAが傷つくと大量に発生し、間違ったDNAの合成を阻止します。
また修復不能な傷害を持つ細胞にアポトーシス(細胞の自殺行為)を起こさせて、自殺させてしまう働きも持っています。
がん抑制遺伝子をがん組織に導入して、がん細胞を小さくし死滅させる効果が期待できます。
このように、最新のがん治療である遺伝子治療には、様々な方法があるのです。

がん対策基本法

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

日本では、年間30万以上の人ががんで亡くなっています。
発症者はその倍の50~60万人います。
高齢化に伴って、がんになる人がこれから増加すると推測されています。
日本のがん対策は1984年「対がん10か年総合戦略」が始まりました。
2004年からは「第3次対がん10か年総合戦略」が始まっています。
そして、2006年に「がん対策基本法」が成立、翌年4月施行されました。
2006年、民主党の山本孝史参議院議員(2007年12月死去)ががん患者であることを公表し、成立を目指した法律です。
がん対策基本法は、がん予防と早期発見の推進、がん医療の均てん化の推進、研究の推進により、国民が住む場所にとらわれず、平等で適切ながん治療を受けられるようにすることが求められています。
施策として、がん予防の推進と検診の質の向上などが定められています。
がん対策基本法では、検診方法の検討、事業評価の実施、がん検診を行う医療従事者の研修の実施を明記し、がん検診の受診率向上に必要な施策の実施を促しています。
がん検診に比べると、症状がある外来受診だと進行がんが多く見つかり、場合によっては、がん治療ができないことがあります。
そのようなことを防止するために、がんは早期に発見し、がん治療を行うことが大切なのです。
無症状のうちに検診で発見することで、亡くなるリスクを減らすことができるのです。
検診によって、がんは100%発見できるわけではありません。
しかし、がんの早期発見によるがん治療はあなたの命を救うのです。

健康食品の危険性

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

がん治療を続けながら、健康食品を利用している方は少なくありません。
確かに健康食品は薬ではなく食品ですが、摂取する方法によっては、健康になるどころか逆に健康を損ねてしまう危険性もあり、決して過剰に摂って良いという訳ではありません。
ここでは、そんな健康食品について考えていきましょう。
さて、健康食品とは何でしょうか?
一般に販売されている健康に配慮した食品には特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品があります。
特定保健用食品は健康上有効であるという結果が明らかになっている必要があります。
栄養機能食品は、特定のビタミンやミネラル補給のための食品で、国の定めた基準を満たしていれば栄養機能表示が許されます。
トクホの食品は1日の摂取量が表示されているものもあります。
しかし、一般に健康食品として販売されているものは、このような特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品ではありません。
健康食品と言われる商品は、あくまで一般の食品に分類されるものです。
しかも、がんに効果がある特定保健用食品は、今まで販売されていません。
従って、がんに効果のある健康食品という商品は、現在存在してはいないのです。
栄養素には摂取しすぎる体に蓄積するなど、逆に体に悪影響を与えるものもあります。
サプリメントなどを摂りすぎることは、必ずしも健康にはつながりません。
健康食品は、がん治療として摂取するのではなく、あくまで食品として安全な食べ方をしなければならないものなのです。

胃がんの治療

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

胃がんは2006年日本の部位別がんでの死亡数では、男性が2位、女性は1位です。
胃がんは胃粘膜内の細胞がなんらかの原因でがん細胞となる病気です。
また、粘膜ではなく胃壁におこるスキルス胃がんもあります。
胃がんの場合、手術が一般的で最も有効ながん治療です。
胃の切除と周辺の転移の可能性のあるリンパ節を取り除きます。
病変が浅く、リンパ節への転移の可能性が極めて低い場合に行われるがん治療は、内視鏡的治療で、手術ではなく内視鏡によって切除します。
胃がんの化学治療(抗がん治療)では、手術と併用の場合と、抗がん剤投与中心の治療があります。
胃は食物を一定時間溜めておいて、適量ずつ胃の幽門部を通り十二指腸へ送り出す働きがあります。
このため、胃の全摘出や幽門部の切除を行った場合には、胃のこのような働きが機能しません。
胃の全摘出や幽門部の切除を行った場合、食べたものが直接小腸へ流れ込み、血糖値が急激に上昇します。
インシュリンが分泌される頃には、糖はほぼ吸収されて、今度は低血糖になってしまいます。
胃がんの手術には、このような副作用があることを知り、手術後の食生活に気をつけなくてはなりません。
再発の危険性が少ない場合には、手術後の通院は年1回で済みます。
胃がんの検診は40歳以上の方は年1回受診してください。
検診方法で一般的なものは、胃X線検査、胃内視鏡検査、ペプシノゲン検査(血液検査により胃粘膜の老化度を診る)、ヘリコバクターピロリ抗体検査(胃がんの原因となる可能性のあるヘリコバクターピロリ菌感染の有無の診断)があります。
ただし、ヘリコバクターピロリ菌に感染していても胃がんになる人は少数です。
早期発見、早期治療があなたをがんから救うのです。

特定疾病保障保険

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

特定疾病保障保険は、保険会社によって特定疾病保険、3大疾病保障保険、重大疾病保障保険などとも呼ばれています。
がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳血栓、脳梗塞など)によって、所定の状態になった場合、死亡保険金と同額の保険金が受け取れる保険です。
ただし、支払われる条件が会社によって異なるので、約款の確認が必要です。
特定疾病保険金を受け取った後は、主契約として契約した場合には契約は消滅します。
特約として契約した場合では、特定疾病保険金特約がなくなり、他の主契約や特約の保障は継続します。
特定疾病にならないまま亡くなった場合には死亡保険金が、所定の高度障害契約になった場合には高度障害保険金を受け取ることができます。
特定疾病保険金が支払われる条件は、悪性新生物(がん)の場合には、保険契約の責任開始以後、初めてがんにかかったと医師に診断されたときです。
上皮内がん、皮膚がんは対象外ですが、皮膚の悪性黒色腫は対象です。
急性心筋梗塞では、心不全、狭心症、心筋症は特定疾病保険金支払いの対象外です。
責任開始後の疾病が原因で急性心筋梗塞となり、その疾病により初めて医師の診察を受けた日より60日以上労働が制限される状態が継続したと医師に診断された場合に特定疾病保険金が支払われます。
脳卒中は、責任開始後の疾病が原因で脳卒中となり、その疾病により初めて医師の診察を受けた日より60日以上言語障害・運動失調・まひなど他覚的な神経学的後遺症が継続した場合に特定疾病保険金が支払われます。
特定疾病保障保険で高度障害保険金が支払われる条件は、被保険者が疾病や傷害で両眼の視力を永久に失ったり、言語や租借(そしゃく)機能をすべて永久に失ったり、約款に定められた高度障害状態になったときです。
保障される疾病であっても60日以内に症状が収まった場合には、保険金が支払われない場合があることを知っておきましょう。
がん治療を行っても、対象外であると保険金が支払われずトラブルになることがあります。
安心してがん治療などを受けられるようにするための保険です。
契約の際には、必ず内容を確かめ、わからないことは躊躇なく質問することが大切です。

ホルモン療法

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

乳がんが早期発見された山田邦子さんが、外科手術、放射線治療の後、受けているがん治療がホルモン治療です。
ホルモン療法とは、抗ホルモン剤の投与により血液やリンパ液によって全身に散らばった可能性のあるがん細胞の増殖を抑えて、がんの転移・再発を防ぎます。
この療法は、ホルモンが関係する乳がんや子宮体がん、前立腺がんなどに効果のあるがん治療です。
がんの成長に必要なホルモンを止めることで、がん細胞に栄養が届かず、がんの発育の阻止が期待できます。
山田邦子さんが飲んでいるノルバデックス(一般名タモキシフェン)は、エストロゲンという女性ホルモンの働きを妨害して、がんに栄養が届かないようにする治療薬です。
がんの発育阻止のコントロールをする治療薬なので、長期間の治療となります。
ノルバデックスでの治療期間は5年です。
ホルモン療法は正常な細胞を攻撃しないので、吐き気やだるさ、脱毛といった大きな副作用はあまりありません。
しかし、抗ホルモン剤の投与によって更年期障害などの副作用があります。
男性がかかる前立腺がんでは男性ホルモンと強いかかわりがあります。
前立腺がんでは精巣を取ってしまう場合もありますが、それができない場合などは抗ホルモン剤を投与することとなります。
そのため、この場合の抗ホルモン剤は男性ホルモンを抑える女性ホルモン剤を投与します。
このため、副作用で女性と同じような更年期障害の症状が起こることがあります。

大腸がんの治療

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

大腸がんは、発生部位により、盲腸がん、結腸がん、肛門に近い場所にできる直腸がんに分かれます。
がんの症状は、血便、貧血、下痢と便秘の繰り返しなどがあります。
最近の定期健診では必ず便潜血反応が行われ、大腸がんが発見されることも多くなりました。
大腸がんの検査では、注腸造影検査(肛門からバリウムと空気を注入してレントゲン写真をとる)と大腸内視鏡検査が主流です。
内視鏡検査で悪性のポリープが見つかるとその場で切除して終了というケースも多くなりました。
早期発見による初期の大腸がんは内視鏡手術で切除できますが、進行がんの場合には外科手術を行います。
外科手術は、開腹手術と腹腔鏡(ふくくうきょう)手術があります。
直腸がんの場合には、肛門や肛門付近を切開して、がんを切除する方法があります。
しかし、最近は肛門括約筋(こうもんかつやくきん)温存手術により、直腸がんの8割は人工肛門を避けられるようになっています。
肛門括約筋の機能低下など肛門括約筋温存手術ができない場合には、人工肛門を造設しなければなりません。
大腸がんの早期発見の場合には、内視鏡的切除や外科療法により、完全に治すことができ、ほぼ100%の高い割合で治癒が見込めます。
少し進行しても手術可能であれば、外科手術によって完全治癒が望めます。
しかし、進行がすすみ、肺や肝臓などに転移が起こった場合、手術と放射線療法・化学療法が行われます。
このように大腸がんは、がん治療による治癒の確率が高く、それは早期発見・早期治療であればあるほど確率が高くなります。
がん治療での治癒の確率を高くするためにも、定期的な検診が重要です。

がん保険・がん特約

2009年02月11日がん治療コメント&トラックバック(0)

もし、がん治療が必要になった時のことを考えて、がん保険に入っている人、生命保険にがん特約をつけている人、これから入ろうと考えている人は多いと思われます。
がん保険は、保険の対象になる病気をがんに特定した医療保険です。
がんによる入院給付金は無制限です。
注意しなければならないことは、がん保険は契約してから90日もしくは3ヵ月後(会社によって違います)、保障が開始されることです。
この90日もしくは3ヵ月を待ち期間と言い、待ち期間内でがんと診断されたときは、契約は無効となるので、注意が必要です。
がん保険の約款では、がんのことを通常「悪性新生物」と書いてあります。
がんであれば、すべてが保険の適用になるわけではありません。
上皮内がんや皮膚がんの一部では、適用にならないものがあり、その場合には保険金は支払われません。
また手術したものの、がんではなかった、良性腫瘍だった、という場合も通常は保険金が支払われないので、がん保険に加入している人は一度約款を確認してみてください。
がんと診断されたときに受け取れる、がん診断給付金は1回のみ受け取れる会社、複数回受け取れる会社があります。
また、がん高度障害保険金は、がんを原因として高度障害になった場合に受け取れますが、がんが原因でなくて高度障害になってしまった場合、受け取れる商品と、その後の保険金が免除になる商品があります。
がん通院給付金は、がんで入院し、退院後の通院でのがん治療で受け取れる給付金ですが、会社によっては入院前の通院でも給付金を受け取れる場合があります。
がん特約に関しても、がんの種類によって対象とならない場合がありますので、必ず約款を確認する必要があります。
このように、がん保険は注意しなければならない内容が多いので契約する際には、必ず説明を受け、わからないことがあれば遠慮なく質問することが大切です。

次のページ »
RSS FEED

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ