オンライントレード

スポンサードリンク

長期保有

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードを利用する人が増えていますが、オンライントレードを利用する人の多くが短期保有や中期保有という場合が多いです。
短期間で利益を出したいという人が多いのです。
また長期保有をしても確実に利益をだせるか分からないため、デイトレードなどの短期保有に人気が集まるのです。
しかし株の長期保有にもメリットがあります。
それは株主優待や配当金です。
株主優待はある一定の期間までに株を保有していれば、誰でももらうことができます。
ただ長期保有していればしているほどもらえるものも変わってきます。
配当金は長期保有しているほうが断然有利になります。
最低でも年に1回配当金を手にすることができます。
年に2回の株式会社もあります。最近では年に4回まで配当金をもらうことが可能になっています。
そのため四半期配当をする会社も増えてきています。
ライオンやHOYAといった会社では年に4回配当金をもらうことができます。
配当金は長期保有している人の楽しみの一つでもあります。
長期保有をする場合、証券会社の選び方も変わってきます。
オンライントレードの回数も少なくなるため、手数料の安さなどを重視しすぎる必要はありません。
取扱商品やIPOなど実績をみることが大切になってきます。
総合力で選びましょう。
オンライントレードの大手証券会社の方が安心もできます。
長期保有は売買が少ない分、リスクが高いのも事実です。
購入する際は慎重になることも大切です。

野村證券

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

野村證券といえば、証券会社の中でも大手と言われ信頼のある会社になります。
そんな野村證券もオンライントレードを楽しむことができます。
野村證券のオンライントレードは野村ホームトレードと言われています。
野村證券は信用のある会社ではありますが、他社と比べると手数料は少し高めです。
ネット証券と比べればかなり差がでてきます。
ホームトレードの最大の特徴は資産運用にあります。
株取引は資産運用の一つとして考えられており、資産管理が重要視されています。
そのためオンライントレードでも資産管理画面がとても使いやすくなっています。
大手銀行などの口座情報も一括で管理することができるのです。
口座情報を管理することは、株式投資にどれくらい回すことができるかを知ることもできます。
もちろん携帯電話でも利用できます。
野村證券は口座管理料も必要であり、お金のかかるイメージがあるためか倦厭されがちです。
ただ魅力もたくさんあります。
その一つが新規公開株です。
大手証券会社ということもあり、新規公開株の割り当てが多くなっているのです。
つまり他の証券会社に比べると抽選にあたる可能性が高くなります。
新規公開株は株価が上昇しやすいため、とても人気のある株になります。
確実に収益をあげたいという人が注目する株であり、なかなか購入することができないのです。
そんな新規公開株を購入しやすいという点で野村證券は人気です。新規公開株はオンライントレードで購入が可能です。

証券会社のサービス

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードは通常の証券会社とは異なり、営業マンなどの人とのかかわりが少ないのが特徴です。
人の言葉に流されることもなく、煩わしいことも減ると言われています。
ただオンライントレードの場合、分からない時に誰にも聞くことができないというデメリットがあります。
店舗がないため、疑問を解決するのは難しいのです。
そんな疑問などに答えるため各証券会社ではコールセンターを設けています。
様々な疑問に答えてくれます。
ただし、多くの証券会社が平日の8時から夕方の17時や18時までという制限を設けています。
そのため仕事が終わった後にオンライントレードを行い、そこで出てきた疑問に答えてくれる証券会社は少ないのです。
大手の証券会社で唯一24時間のコールセンターを行っているのがオリックス証券です。
土日は行っているという証券会社はあっても24時間という会社はとてもめずらしいです。
電話で対応してくれるというのは証券会社選びの一つの基準になると思います。
他にも証券会社では色々なサービスを行っています。
その一つがセミナーです。
オンライントレードをやっていても、上手くいくことばかりではありません。
各会社では初心者向けのセミナーや株を利用した資産運用のセミナーなど色々なものを用意しています。
中にはオンライントレードを体験できるというセミナーもあります。
セミナーはネット上で行われるものと会場で行われるものがあります。
多い証券会社では年間300回以上もセミナーを行います。

商品先物取引

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

原油価格の上昇により注目を集めているのが商品先物取引です。
オンライントレードが普及したため、商品先物取引を楽しむ個人投資家が増加しています。
その結果、オンライントレードで個人向けサービスを提供する証券会社も段々増えてきています。
ただしサービスは会社によってかなり異なるので、きちんとチェックすることが大切です。
そもそも商品先物取引とはどのような取引になるのでしょうか。
一定期日に決済をすることを約束した取引を言います。
この取引では保証金で数十倍の価値のある商品を売買することができるのが特徴です。
10万円で100万円を超える売買も可能です。
買い注文だけではなく売り注文もできるのが魅力です。
商品先物取引は取引商品を受け渡す期日が決まっています。
そのためその期限が来る前に売買をおこなって決済する必要があるので注意しましょう。
実際に商品先物取引のできる会社もあまり知られていないところが多いです。
この取引で一番人気のある会社はフジフューチャーズです。
3年連続、オンライントレードで口座数がトップになっています。
初心者にお勧めの会社で、携帯電話でも取引が可能です。
そして先物取引専門のイーコモディティもお勧めです。
全てがリアルタイムで自動更新されます。またアドバイザーと相談をしながら取引ができるというメリットもあります。
初心者から上級者まで満足のいくサービスです。
他にもドットコモディティや日本ユニコム・岡藤商事があります。

日興イージートレード

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

日興コーディアル証券のオンライントレードと言えば、日興イージートレードです。
オンライントレードというだけあって、PCや携帯からも取引が可能です。
日興コーディアル証券はお客様一人一人のニーズに対応する金融商品やサービスを提供しています。
安心してオンライントレードを楽しめる上にとても便利であるという点でとても魅力的な証券会社になります。
安全で安心して利用してもらうために最善を尽くしてくれます。
日興イージートレードの最大の特徴は手数料が割安である事です。
店舗で取引する場合と比べて、オンライントレードでは手数料が30%程度の割引となっています。
コースによっては70%割引なども用意されており、オンライントレードの方がとてもお得になっています。
そして大手総合証券会社だからこそできる豊富な品揃えも魅力の一つです。
株式や投資信託はもちろん新規公開株式や外為保証金取引などがあります。
キンカブやデジワラなど他の証券会社にはない個性的な商品が揃っています。
株による資産運用として自分にあった商品を選ぶことが可能です。
また元々店舗型の証券会社であるため、全国の支店やコールセンターも利用可能です。
もちろん相談にも乗ってもらえます。
日興イージートレードのサービスとして有名なのが電子交付サービスです。
今まで郵送で届けていた書類をネットで見ることができます。
取引報告書や投資信託運用報告書などが5年間はネットで閲覧できるため書類を保管する必要もありません。

手数料の比較

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードの魅力の一つと言えば手数料が安いという点です。
証券会社を決めるのに手数料を基準としている人も少なくありません。
総合的に見ると一番手数料が安いと言われる証券会社はイートレード証券です。
続いて、ジョインベスト証券やGMOインターネット証券があげられます。
全ての商品において手数料が安いというわけではないので注意しましょう。
オンライントレードでも一番多くの人が利用しているのが現物取引とされています。
この現物取引では最低の手数料が100円を切ることもあります。
高い所であれば1000円以上することもあります。
証券会社によって大きな差が出ます。
何回も取引を行うことを考えれば安い方がいいですね。
手数料は取引金額によっても変動してきます。
最低金額の手数料が安くても、取引金額があがるにつれて手数料が大幅にあがる会社もあります。
自分がどれくらいの予算で投資をする予定か考えてから会社を選びましょう。
最近では手数料の定額制を設けている会社もあります。
デイトレードなどをする人にとっては定額制の方がより安く済ませることができます。
1日の取引金額によって手数料は異なりますが、1200万円までの取引であっても手数料が5000円程度で済ませることができます。
信用取引であっても手数料はかなりばらつきがあります。
現物取引に比べるとどの証券会社も比較的安い手数料を設定しているのが特徴です。
1000万円の取引でも手数料が500円もしない会社がたくさんあります。

人気の証券会社

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードのできる証券会社は数多く存在しますが、人気のある証券会社をいくつか紹介します。
オンライントレードは店舗型の証券会社でも可能ですが、やはり手数料の安さなどからネット証券の人気が高くなっています。
インターネットのサイトの中にはオンライントレードのできる証券会社をランキングで紹介しているところもあります。
サイトによってランキングは異なりますが、いつも上位に来る証券会社があるのです。
まずはジョインベスト証券です。
大手のネット証券会社の中でももっとも安い手数料であることから人気を集めています。
もちろん手数料だけではなく、使いやすさも評判になっています。
特に初心者にお勧めの証券会社です。注文機能も簡単で株についての知識もたくさん掲載されています。
また次々と新しいサービスがでてくるのも魅力的です。
次にSBI証券です。
口座数はオンライントレードができる証券会社の中では一番多い、人気の証券会社です。
投資スタイルに合わせて手数料を選ぶことができます。
また取扱商品も充実しているので、様々な投資を楽しむことができます。
サービスも充実しています。
そしてマネックス証券です。
オンライントレードに必要なツールが充実しているのも魅力です。
口座を開設すれば特典もたくさんついてきます。
また携帯サイトも注文ツールが充実しています。
他にもリスク管理を追及したカブドットコム証券や商品の種類が豊富なオリックス証券があります。

株式投資のメリット

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードが普及し、株式投資を行う人が増えてきています。
店舗型の証券会社でも株式投資を行うことはできましたが、仕事がある人にとっては株取引をすることができませんでした。
オンライントレードができる前は株式投資ができなかったのが現状です。
しかし今ではPCや携帯でオンライントレードが楽しめ、株式投資がとても身近になっています。
お小遣い稼ぎの手段として株式投資をする人も少なくありません。
株式投資のメリットはいくつかあります。
まずはキャピタルゲインです。
キャピタルゲインとは保有している株の値段が変動することで得られる収益の事をいいます。
株価が上がる値上がり益とも言い、一番実感しやすい収益になります。
次にインカムゲインです。
キャピタルゲインとは異なり、会社が得た利益を株主に還元する配当金を指します。
株式投資ではこのインカムゲインも大切な収益になります。
最近ではキャピタルゲインばかりが重要視されますが、インカムゲインは利息や配当金という保有し続けるだけで現金収入を得ることができます。
キャピタルゲインだけを重視して売買を繰り返すのではなく、インカムゲインで確実に収益を得るというのもいいでしょう。
他にメリットとしてあげられるのは株式分割や株主優待があげられます。
自社製品や優待券がもらえる株主優待は人気があります。
売買を繰り返せばリスクが伴いますが、株の保有だけであれば株主優待を受けられるなどリスクはほとんどありません。

初心者の証券会社選び

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードで手軽に株取引ができるようになり、新しく株投資を始めるという人も少なくありません。
最初は何をどうしたらいいのか分からないと思います。
もちろん株についての知識を身につけることも必要です。
証券会社を決めた後でも、各証券会社で初心者向けの講座を開いていることもあります。
オンライントレードを始めるにはまずは証券会社選びが大切です。
数多く存在する会社から一つに絞るには自分にあった商品を探す必要があります。
各会社によって取り扱っているものも違うからです。
手数料が安い方が、初心者にとっては抵抗が少ないと思うのでお勧めです。
商品によって手数料が異なるため、どこの会社が一番安いとは一概にはいえません。
初心者であれば、リスクの低いミニ株がある会社もお勧めです。
株の購入数が通常よりも少ないため、たとえ失敗しても損失が少なく抑えられます。
株の練習もできるメリットがあります。
ただしミニ株は取り扱っている証券会社にも限られているので、最初に確認が必要になります。
証券会社もたくさんありますが、株取引が初心者の場合は大手の証券会社を選ぶのがいいでしょう。
商品も幅広く取り揃えており、途中から違う株取引をすることもできます。
大手の証券会社でも取り扱いの商品は様々であるため、興味のある商品が揃っている会社を見つけましょう。
オンライントレードを初めてから、株に慣れるまでのサポート体制を取っている会社もあります。

株主優待

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードを始めるという人の中には株主優待を楽しみにしている人も多いと思います。
逆にオンライントレードというよりも株主優待をもらうためだけに口座を開設するという人も少なくありません。
株主優待を受けるためには権利確定日を含めた5営業日前までに株を買う必要があります。
またミニ株のような少ない単位だと株主優待の権利がないことが多いので注意しましょう。
もちろん所有する株数が増えるほど、株主優待のグレードもよくなってきます。
そして株主優待を受けることができても実際に物が手に入るまでに3~4ヶ月は時間がかかることも知っておきましょう。
各株式会社によって権利確定日は異なります。
そのため上手に利用すれば毎月株主優待を受け取ることができるのです。
最近では各月ごとにどのような株主優待があるか知ることのできるサイトまで誕生しています。
自分の予算や優待の種類、権利確定月など条件を当てはめて検索できます。
自分の希望にあった会社が見つかるでしょう。
オンライントレードで利益を出すための売買が多く、期で株を保有するという人が少なくなっています。
そのため証券会社によっては長期保有すればするほど、株主優待のグレードがアップするというシステムをとっているところがあります。
1年以上保有すれば、金額にして今までの倍以上の株主優待が受けることができるのです。
売買で損をすることを考えれば、長期保有して利益を得るというのも一つの手段になります。

次のページ »
RSS FEED

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ