オンライントレード

スポンサードリンク

外為オンライン

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

外為オンラインとは今注目を集めている証券会社です。
取引高も多くとても人気があります。
オンライントレードが中心のFX取引の会社になります。
多くの証券会社が様々な商品を取り扱う中で、取扱商品を絞り、安く商品を提供しているのが外為オンラインです。
外為オンラインの最大の特徴は手数料が0円という点にあります。
FXと言われる外国為替取引をオンライントレードで行う場合、どの証券会社でも手数料が発生します。
手数料のせいで元本割れということや取引回数が増えるほど手数料が負担になるということがないのがメリットです。
次にFX取引ではスプレッドと言われるコストが発生します。
これは売付価格と買付価格の差額を表します。
外為オンラインではこのスプレッドを1銭と固定することで、業界の中でも最高水準といわれています。
対して変わらないようにも思えますが、手数料と同様に回数を重ねれば重ねるほど差が現れてきます。
他にも最高200倍のレバレッジがあるため6000円から取引が可能という魅力があります。
外為オンラインではサービスも充実しています。
初心者向けにFXセミナーも開催されています。
さらにはデモ口座を開設し、無料でFX取引を楽しむことができます。
国内株式などに比べると分からない点がたくさんあると思います。
口座を開設する前に無料体験はやっておいた方がいいでしょう。
基本が分かれば、数ある世界の通貨から好きな国を選んで取引を楽しむことができます。

ツールが大切

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードをするにあたって大切なのがツールだと言われています。
各証券会社によって様々なツールがありますが、証券会社選びの重要な判断材料になります。
オンライントレードではいかに売買をスムーズに行うかも大切になってきます。
売り時や買い時を逃さないようにするためにもツールは重要な役割を果たします。
オンライントレードが中心のネット証券ではツール特に充実しています。
中でも一番多いツールが発注に関するツールです。
いかに早く発注できるかで損得が決まるため、マウスだけで簡単に発注できるツールがたくさんあります。
パスワードの入力など時間のかかる作業はいらないのです。
次に多いのがリアルタイムの株価表示です。
いかに株価の変動を知ることができるかも大切になっています。
個別銘柄毎に株価を表示してくれるツールもあります。
株の売買にはリアルタイムの情報も大切なのです。
もちろんこれら以外にも様々なツールがあります。
例えばスクリーニングと呼ばれるツールです。
自分の予算ややりたい取引方法などの条件を入れれば、条件に当てはまる銘柄を探すことができるのです。
株主優待を受けたと思えば条件に入れればいいのです。
また四季報に載っている情報を見ることのできるツールもあります。
個別の銘柄情報を知ることができるのです。
株価やチャート、ニュース、企業レポートなどかなりの情報が入っているのが特徴です。
たくさんのツールを上手く利用しながら、取引を楽しみましょう。

オンライントレードに必要なもの

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードを始めるためにはいくつか必要なものがあります。
まずはインターネットが可能なパソコンです。
もちろん携帯でもオンライントレードは可能ですが、やはりパソコンの方が見やすく、一度に見ることのできる情報量も違います。
インターネットもできるだけ接続の早いものがいいでしょう。特にデイトレードを行う場合はネット回線の速さが鍵をにぎります。
リアルタイムの変動を見逃さないためにも、回線環境はよくしておきましょう。
またOSが古い場合やブラウザが特殊な場合、対応していない証券会社もあるので気をつけましょう。
最近では各証券会社で多機能なツールが用意されています。
パソコンの種類によっては、証券取引はできても、ツールがうまくインストールできないこともあります。
証券会社を決める前に確認をしましょう。
次に必要なものは証券会社の口座です。
口座を開設するといっても、証券会社の数は膨大です。
自分がどのような株取引をやりたいかで決めるのが一番です。
よくわからないという人は人気のある証券会社を選ぶのもいいでしょう。
また複数の証券会社の口座を持つのもお勧めです。
各証券会社で、お勧めの商品が異なります。商品ごとに手数料も異なるので、各証券会社のいい商品だけで取引をするというのも一つの方法です。
口座を開設したら、お金を入金します。
お金の入金ができて、初めて株取引が可能になります。
これらが株の取引を始めるまでに最低限必要なものになります。

外貨建てMMF

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

外貨建てMMFとは外貨建ての債券を中心とした投資信託を表します。
外貨建てMMFの最大の特徴は安全性を高めた運用商品を目指している点です。ただし元本割れをおこす場合もあります。
この商品は格付けが高く、金利の安全性もあるため最近注目を集めている商品です。
外貨預金に比べると換金性もよく、日本とは違い金利が高いので為替益が発生しやすいというのが魅力です。
オンライントレードで外貨建てMMFを取り扱っている所はたくさんあります。
株の初心者からすれば、外貨建てのMMFは分かりづらい商品のため避ける人も少なくありません。
ただこの商品は日本円で1500円くらいから始めることができるのです。
元本割れを起こす可能性もありますが格付けが高いので大きな損をすることもありません。
元本自体も安いので比較的抵抗なく始めることができるのが魅力です。
オンライントレードであれば、自宅にいながら取引が可能です。
口座管理料もいらないところばかりのため、費用もかかりません。
日本の利回りが0.5%を切るのに対し、海外では最低でも0.5%は利回りがあります。
利回りの高いところであれば7%近くになります。
上手く運用すれば確実に資産を増やす事ができます。
証券会社によって取り扱っている外貨建てMMFの種類が異なります。
オンライントレードは店舗型の証券会社に比べると手数料が安いのでお勧めです。
いつでも解約はできますが、日本円に換える時に生じる為替リスクだけには注意しましょう。

バーチャル取引

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

インターネットで誰もがオンライントレードを楽しむことができるようになっており、株投資に注目が集まっています。
オンライントレードであれば、ミニ株といった初心者でもリスクが楽しむ商品も揃っています。
しかしそれでも株を始めるのが不安という人も多いのです。
各証券会社で体験セミナーなどを開催しており、疑問には答えてくれます。
ただセミナーを受講するためには口座を開設しなければならない場合もあります。
そのため不安がある人にとっては初心者向けのセミナーがあってもなかなか決心がつかないのです。
株取引が不安な人にお勧めなのがバーチャル取引です。
口座を作る必要もなく株取引を楽しめるのです。
つまりお金が必要ないため、損をすることもありません。
オンライントレードと同様のシステムであり、お金を使うか使わないかという違いだけになります。
株の勉強をするのにもお勧めです。
バーチャル取引を行っているサイトはいくつかあります。
その中でも有名なサイトを紹介します。
まずは野村證券のバーチャル株式投資クラブです。銘柄ごとに最低の取引株数が決められているなど、本当の株取引と似ています。
次にトレーディングダービーです。期間限定でゲームが開催され、上位に入れば豪華商品ももらうことのできるサイトです。
ただし少し画面が見づらいです。
他にも1億円の資金から始める株マップ.comや株の仲間も作ることのできるコミュニティサイトとしてカエタなどがあります。

オンライントレードの注意点

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

最近、手軽にできることから人気を集めているのがオンライントレードです。
安く株投資ができ、いつでもどこでもできることから利用している人も多いと思います。
そんなオンライントレードにも注意しなければならない点がいくつかあります。
まずは注文ミスです。
一番多いミスとも言われており、100株買うつもりが10000株購入してしまったという話をよく聞きます。
口座にお金が入っていなければ買う事はできませんが、口座に入っていれば取引は実行されます。
急ぐあまりに注文ミスをしてしまうのです。注文確認画面での確認をしっかり行いましょう。
深夜や早朝の場合は訂正や取り消しをすることもできますが、取引の時間中であればすぐに売買が成立してしまう可能性があります。
オンライントレードは画面の中だけのやり取りになります。
そのためお金が実際に動いているという実感がなく、ゲーム感覚で遊んでしまいがちです。
気づいたらお金がなくなっていたということのないように、自分の口座の管理をしっかりする必要がでてきます。
どれくらいの取引をしたのか、どこまでなら使っていいのか考えながら取引をしましょう。
最後にオンライントレードを行うためには口座の開設が必要になります。
個人情報を記入する必要もあります。
どの会社も100%安全とはいえないのが現状です。インターネット上のセキュリティは万全ではないのです。
オンライントレードは便利な反面、ネットならではのデメリットもたくさんあるのです。

個人向け国債

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

個人向け国債とは国が発行している債権を意味します。
個人向けということで誰でも購入することができます。
この個人向け国債が人気である理由として国内で最も安全性の高い債権である点です。
国債であるため、元本は国が補償してくれ、元本割れをすることがありません。
資産の分散運用として個人向け国債を購入する人は多いです、
個人向け国債は銀行や証券会社で購入が可能です。
少し前までは店舗での購入が当たり前でしたが最近ではオンライントレードの1つとして購入が可能になっています。
店舗型の証券会社が持つオンライントレードの方がネット証券に比べて個人向け国債を扱っている事が多いです。
オンライントレードのできる口座さえ持っていれば、いくら購入するかを決めるだけで簡単に購入できるのが魅力です。
そんな個人向け国債は2つのタイプがあります。
1つは変動金利10年タイプの個人向け国債です。
このタイプは半年ごとに利率を見直します。最低利率0.05%の補償はありますが、金利は変動します。
もう1つは固定金利5年タイプです。
これは利率が一定でずっと変わらないタイプになります。10年タイプと同様に最低利率は補償してくれます。
満期を迎えるころには少なくても絶対に利益がでるという点が魅力になります。
国債購入額が高ければ、高いほど利益も多くなります。
個人向け国債は堅実な投資の一つでもあります。
最低金額は1万円から購入が可能であるため、気軽に購入ができ損をすることはありません。

夜間取引

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードの魅力の一つと言えば夜間取引です。
証券取引所は9時から15時までの間しか開いていません。
この時間帯に取引のできる人は限られてきます。
仕事をしている人にとっては取引所があいている時間に取引をすることができません。
そんな人が利用するのが夜間取引です。
通常の取引と夜間取引では異なる点がたくさんあります。
まずは時間帯です。
証券会社によって異なりますが、夜間取引は17時半~24時までの時間で株取引をすることが可能です。
次に証券取引所を介さないという点です。
ネットワーク上に存在する市場の中で株の売買が行われるのです。
そのためオンライントレード特有のシステムになります。
このシステムは2000年にできたばかりですが、かなりの広がりをみせています。
そして最後に銘柄が限定されている点です。
夜間取引ができる銘柄はかなり限定されており、通常の取引に比べるととても少ないです。
しかし最近では徐々に増えており、中には3000銘柄以上取り扱っている証券会社もあります。
少し前まではオンラントレードで夜間取引ができる証券会社はネット証券のみと言われていましたが、最近では大和証券も夜間取引が可能になったのです。
夜間取引をするためにはネット証券に口座を開設しなければならいということもなくなったのです。
さらに大和証券は夜間取引の手数料が無料という魅力があります。
各社の手数料は500円前後であるため、無料というのはうれしいですね。

オンライントレードの魅力

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

オンライントレードはインターネットができる環境さえあれば、誰でも手軽に始めることができます。
家のパソコンだけでなく、携帯からもできるため、個人投資家の多くが利用しているシステムです。
そんなオンライントレードの最大の魅力は24時間取引が可能であるという点です。
店舗に行って証券取引をすれば時間の制約がでてきます。
しかし、オンライントレードであれば夜間でも休みの日でも取引が可能なのです。
株価の変動にリアルタイムで対応できるというのが最大の魅力です。
他にもたくさんの魅力があります。
まずは手数料が安いという点です。
オンライントレードでは従来のように店舗を構えないため、コストが削減でき、売買手数料が安くなります。
また各社が手数料の値下げ競争を行うので、どの証券会社も手数料が安くなっています。
手数料だけではなく、低予算で株を始めることのできる商品があります。
株に投資をすれば、どうしてもリスクがあります。
特に初心者にとってリスクを負うことはとても不安だと思います。
そういう人は低予算から始めることのできる投資がお勧めです。手軽に楽しむことができます。
つぎにプロの情報ツールが利用できるというのも魅力です。
これまではプロしか使うことのできなかったツールを誰でも使うことができるのです。
例えばリアルタイムの株価を見たり、株価チャートを確認したりすることができます。
これらは株の売買のタイミングの目安に利用できます。
1分単位で値動きを更新する会社もあります。

新光ネット倶楽部

2009年02月25日オンライントレードコメント&トラックバック(0)

店舗型の証券会社として有名な新光証券ですが、最近ではオンライントレードも楽しむことができます。
新光証券ではオンライントレードの事を新光ネット倶楽部と言い、PCだけでなく携帯からも利用できます。
今まで株の売買を店舗でやっていた人にもオンライントレードを楽しんでもらうために、新光ネット倶楽部を体験できる店舗も増えています。
オンライントレードがどんなものか分からないという人向けに店舗だけでなく、自宅のパソコンからも新光ネット倶楽部を体験することができます。
どのような画面表示で使いやすいかどうかもわかります。
新光ネット倶楽部の機能はシミュレーションを通して知ることもできます。
新光ネット倶楽部で利用できる商品は国内株式やミニ株・新光株式などがあります。
また新光証券ではネット信用取引サービスというものがあります。
信用取引とは証券会社に一定の担保を入れることで多額の売買ができるようになるものです。
この信用取引をオンライントレードですることにより、手続きも簡単ですぐに始めることができます。
ただ信用取引の場合、額が大きい分損失も大きくなります。
そのため利用者も少ないのです。
新光証券では少しでも信用取引を理解してもらえるように信用取引のオンライン学習ゲームを行っています。
仮想マネーで行うため、実際に損することはありません。
このゲームを行うことで信用取引に必要な知識も身につきます。
オンライントレードを始める前に利用してみるのがいいでしょう。

次のページ »
RSS FEED

TOPPAGEサイトの最初のページへ  TOPページの先頭へ