更年期障害 男

「男の更年期障害」のまとめ

では、ここまでご紹介した更年期障害のまとめをしましょう。
更年期障害とは?
・男性にも女性と同じような症状が出る。
・性ホルモンの低下により、更年期と呼ばれる症状が出る。
・きちんとケアをすると防げるものだということ。
・自分では症状を把握できないため、医師に相談することが大切。
・ストレスや精神的不安は更年期障害に、とても悪影響を及ぼすこと。
・更年期障害は、周りの人と一緒に治していかなければならない。
・更年期障害によっていろいろな病気が引き起こされる。
・自分の気の持ちようで、更年期障害を乗り切ることが出来る。
こういったものが更年期障害です。
では、どのように対処すればよいのでしょうか?
・おかしいな?と思ったらすぐにお医者さんに見てもらうこと。
・自分の持っている悩みは、人に聞いてもらうなどして発散すること。
・受ける科は、精神神経科をオススメします。
・更年期にはまずリラックスをすること、次に担当医のいったことをしっかり守ること。
・気の持ちようで、更年期の症状は和らいだり、重くなったりする。
・更年期の症状を治すには、ホルモン補充治療と漢方治療の2つがある。
・ホルモン補充治療は、ホルモンを直接摂取して、更年期の症状を治す方法です。
・漢方治療は、生薬を配合して更年期の症状を和らげ、更年期の期間が過ぎるのを待つ方法です。
・ホルモン補充治療は、その人の体質やアレルギーなどで、行えない場合があること。
・漢方治療は、生薬をその人に合った配合をするため、色々な症状に効き、万人に使える医療法です。
こういったことを覚えていると、いざ更年期障害になっても、きちんと対処できるでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 5月 30, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」と間違われやすい症状

自律神経失調症という病気は、定義がはっきりあるわけではなく、症状が人それぞれ違うために、間違った判断をしてしまうことがあります。
こういった症状を、軽い症状からと放っておいてしまうと、思わぬ大きな病気のである場合、見逃してしまうこともあります。
その場合は専門医による診察を受けて、治療をきちんと続けることが重要です。
自律神経失調症によく見られる倦怠感、息切れ、動悸などの症状の場合、糖尿病や貧血といった場合に起こります。
ホルモンの異常分泌によって起きる、バセドウ病と呼ばれる発汗や精神不安、動悸といった症状が出ます。
また、脳腫瘍の場合に、頭痛やめまいなどの症状、ふらつきや耳鳴りなどです。
癌によって精神的に不安になってうつになり、自律神経失調症のような症状がでる場合などあります。
また、神経病などのうつ病は、自律神経失調症とよく似ている症状のため、間違えられることが多いです。
神経病やうつ病は精神的な原因があるため、動悸や食欲不振、意欲の減退、頻尿といった症状で、ほとんど同じ症状が出るのです。
神経症は、ノイローゼと呼ばれていて、その多くの不安を抱えてしまったりする不安神経症、病気だと思い込み、色々な事が気になってしまう心気神経症など、様々な種類があります。
自律神経失調症と違う点は、心の症状で、身体の症状は補足的に起きるような場合です。
うつ病では、睡眠障害、疲労感や食欲不振などといった、自律神経失調症の症状にとても似ているので、判別することがとても難しいです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 5月 29, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」の自律神経失調症とは

自律神経失調症という病気は、最近言われるようになった病名です。
昔は、病院の検査の仕方によって、理由が発見できなかった頭痛、めまいがおきる「不定愁訴」と呼ばれる人はいました。
しかし、こういった症状を総称する言葉がなかったのです。
それが、器質的な所見のない不定愁訴のことを「不定愁訴症候群」と呼び、それが改名され「自律神経失調症」といった呼び名になりました。
しかし、この名前は、正式に使われている病名ではないのですが、名前をつけないと不便なためにこの名前がつけられたのです。
もうひとつの理由は、患者に病状を理解してもらうということもあります。
こういう自律神経失調症は、診察するときにおいて便利な名前なためよく使われることがありますが、めまい、吐き気といった症状を全部それで片付けるのは危険です。
また他の病気が潜んでいる場合があるので、見逃してはなりません。
こういった自律神経失調症の場合、タイプは以下の四つです。
・変態性型自律神経失調症―元々、生まれつきに自律神経の調整をうまく行えない体質の人や低血圧、虚弱体質といわれるような人。
・神経症型自律神経失調症―精神的なことによる原因で、自律神経が大きく乱れて失調症を起こしてしまう人。
・心身症方自律神経失調症―こういった自律神経失症の中で、ほぼ半分を占めると言われています。
・抑うつ型自律神経失調症―持続的なストレスによってうつ症状が出てしまうことで、頭痛、不眠など身体的な症状になって現れる病気。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 5月 28, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」のための心のケア

イライラや、ゆううつ、不眠などが更年期に見られる場合には、精神的に辛い面で、症状が多く見つかります。
精神的ストレスによっては、肩こりなどの症状が出てくる場合があります。
漢方治療、ホルモン補充療法では、精神的な症状によって出ている場合には、充分に効果をあげることができません。
そういう場合には、やっぱり精神面のケアが必要になってきます。
カウンセリングによる治療は専門の心理士、精神神経科などでの手助けを借りて、その担当の医師と相談し、治療をしていくことが必要になるでしょう。
心の不安、ストレスが症状として全身に現れる心身症状といわれる症状は、いろいろな病気が潜んでいる事が可能性としてあります。
更年期障害だけではなく、自律神経失調症、胃などの十二指腸潰瘍と呼ばれる病気、頭痛といった症状もそういったものに入れられるでしょう。
薬だけでの治療では治りにくい場合は、心身症状を専門にしている心療内科、心身症状を扱うような内科で、診察をうけることがもっとも望ましいです。
精神科でする治療に、敷居の高さなどを感じている人も多いようですが、精神的症状も普通の病気と同じような感覚を持って、専門家による正しい治療を受けるようにしましょう。
どうしても普通の治療に比べて敷居の高さを感じる場合、担当医に、専門の先生への紹介状を書いてもらい、治療を受けることもよいでしょう。
また、甲状腺機能障害という障害を持つと、状態が悪化するたびに、情緒不安定、やる気の消失、不安やストレスなどがいっそう増えたりして心身症の原因になることがあるため注意しましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 5月 27, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」のための漢方治療

更年期の症状というものは加齢によるもので、身体の機能が悪化や低下する期間で、大変多くの人が経験するでしょう。
漢方による治療方法は、自然に起こる加齢に対して、ひどい症状やきつめの症状を、一時的に直すための治療方法です。
ホルモン補充療法といった、減ってしまったホルモンを補充するのではなく、ホルモンが減少していくことに身体がなれるのを待つための治療法だといわれています。
更年期症状は、ホルモンの急激な減退に、身体が脳に対して反抗しているため、起こります。
漢方療法によって、そういう症状を緩和させるため、更年期を抜けるときに安定している状態へ向かうことを目的とした医療法です。
漢方には長い歴史があるため、個人に合った治療を施すことが可能です。
多種多様な効果をもつ、生薬と呼ばれるものを配合することより、様々な症状に対応して、治す事が出来ます。
漢方での治療は、検査により見つからなかった場合、体の体調を整えることが出来ます。
近代の医学の治療法では、病気の原因が分からない場合も、効果が発揮されます。
こういった更年期障害の場合、原因がはっきりとしないため、なぜか体調がよくならない場合があります。
血栓症のような病気を持っている場合、ホルモン補充による治療は、病気の状態を悪化させる場合があるために、この治療が行えないことがあります。
他にも、糖尿病、胆石などの症状がある人の場合、ホルモン補充による治療や、漢方との併用による治療が行われる事があります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 5月 26, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」のための薬を服用する場合の注意

ホルモン補充療法や、漢方薬の服用をはじめる場合、治療の効果すぐに出てきます。
しかしやめてしまった場合、元に戻る事も多くあります。
一定期間、続けることを頭に入れ、治療することにより効果の持続が期待できます。
ホルモン補充療のための薬以外にも、他の薬も飲まなければならない場合、医師との相談を欠かしてはなりません。
ホルモン薬による影響を増減させる効果、また他の薬の効果を消してしまうような効果がでる可能性があります。
普段、常備薬やよく服用する薬があるときには、医師に報告や相談してから服用するようにしなければなりません。
ホルモン補充療薬を服用する期間は、普通、二ヶ月から長い場合、半年は飲みながらの観察治療をするケースが多いです。
そのため更年期の症状だけに限る場合、充分に効果が出ているようです。
ですが症状が改善しない場合、漢方薬などを併用することもあれば、心理療法を行う事もあります。
そのため、症状が改善したため、治療をやめた後にも更年期の症状が出るような場合には、ホルモン補充療を再び始めることも出来ます。
更年期以外の病気でも、頻尿などの症状にはホルモン補充療はよく効果発揮します。
その他には、骨粗鬆症などにもホルモン補充療が使用されたりする場合もあります。
ですが、更年期を過ぎたとしても、骨量の低下が止まらないこと、コレステロール値が異常に高くなる場合、治療を続行する場合もあります。
骨粗鬆症、高脂血症の治療によって、薬の服用期間が長期間「数年~十年」を超えるケースもあります。
更年期障害でないと診断された場合、健康保険が効かなくなることも注意が必要になります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 5月 25, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」と未病

病院で検査を受け、医師の話を聞くと異常がない、と言われたことはありませんか?
そのため、病院をはしごしてしまう方も多いのではと思います。
しかし検査で異常がないことは健康ということではありません。
体調が悪かったり、つらかったりすることがあるというのは、体からの最終警告なのです。
まだ、発症していない病気なら、発症する前に対応するべきなのです。
具体的に、正しい食事をすること、生活習慣を見直したりすることを始めることが最も重要でしょう。
だれでも、男性女性にかかわらず、加齢により体や心は衰えていくものです。
しかし、体の衰えは簡単に止められるものではありません。
しかし心の衰えを抑えることは簡単です。
病は気からだと言われている事は正しいのです。
そのため、心を若く保つことで体も若返ることができます。
大げさにいっているようですが、気持ちによって体が支えられていることは、経験したことがありませんか?
現代の医学にも、心や体の関係が密接だということが、重要視されてきています。
そういったことがこういう心の持ちようで変わる、という証明になります。
近年は、サラサラ血やドロドロ血という、血液がよくいわれています。
血液の巡りが悪いことは、男性の健康や体調に悪いことはよく言われています。
実際に、糖尿病の原因だと考えられているため、生活習慣病の原因だともされております。
特に、血液のめぐりの良し悪しによって、体調が左右されるとも、最近では言われております。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 5月 24, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」検査に異常が無いのになぜ?

身体を健康に保つためには、精神的に余裕のある状況を作り出すために、日々努力するようにしましょう
なぜなら、病気や身体的な機能に異常がないことだけでなく、生活のリズム、精神面がゆったりしている事も含め、それが健康であると私は思います。
社会生活を営む時、ストレスとは無縁でいることははっきり言って無理だといえるでしょう。
人間関係、外食が多い食生活、夜、寝付けない、交通渋滞に引っかかる、環境の悪化はストレスの温床です。
ヒトには感情があるために、苦しいこと、悲しいことに過敏に反応するため、やる気の減退や、食欲の減退があります。
気分が良くない時もあることでしょう。
逆に言えば、嬉しい事、楽しいことがあると場合、不安がなくなったり、不調が去ったりします。
それゆえに検査で、病気の原因が分からなかった場合も、気にすることはよくないでしょう。
それは、ストレスになってしまうためです。
とくに、はっきりした原因がないのに、めまい、吐き気が起こったり、不眠、不安な気持ちになったりする半病と呼ばれることです。
こういう時、病院で検査しても、原因が分からず、無駄になってしまうことが多くあります。
なので、原因がはっきりしないため、治療方法が見つからず、対処できないといったことがあるようです。
こういった場合は、内臓、器官に異変があるのではないので、不規則な生活習慣、ストレスで、身体を動かす自律神経が不安定になり、調子が乱れるためです。
ストレスが多々ある現代社会は、病院の検査では分からない病気もあります、ということです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 5月 23, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」は薬でよくなる?

代表的な心理療法には、精神科医などの心理療法士が行ってくれる、カウンセリングがあります。
カウンセリングによる専門家が行う指導を受けると、自分の心理状況を冷静に見られるようになるため、迷いが無くなり身体の不調が改善する場合があります。
アメリカなどの諸外国では、ストレスを感じたりすると、自分の気持ちを整理する事に重点を置くため、カウンセリングを利用することがあります。
そして、行動認知法という方法があります。
これは自分の心のゆれを記録する事で冷静に自分を判断し、解決していくための手段を見つけられるようになる方法です。
心の安定のための自律訓練などがあります。
心理療法だけでも、症状が改善しない時は、薬を使ったりすることもあります。
抗不安薬と呼ばれるものは、心の不安で気持ちが落ち着かない場合や、不眠がよく続くときに用います。
不安や緊張を抑えるため、催眠作用があります。
数日、一週間ほどの服用によって効果が得られます。
抗不安薬の場合ホルモン薬といった調整剤、漢方薬と一緒に服用しても、副作用の心配がありません。
しかし、アルコールなどや、高血圧の薬などと一緒に服用すると、薬が強く機能してしまう場合があるため注意が必要です。
他に、ゆううつな気分抑える薬、やる気が無くなっていく症状に対する、抗うつ薬と呼ばれる薬もあります。
抗うつ薬は、副作用がよく出るものが多くあります。
しかし、最近は少ないものが増えているため、利用される場合が多くなりました。
向、精神薬の副作用を考えて、自分の判断で中止され、量を減らしてしまうような方もいます。
ですが、薬の服用は医師と相談して注意して行ってください。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 5月 22, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

「男の更年期障害」に対するホルモン補充治療の効果

ホルモン補充療法がどういった症状に有効であると言うと、男性ホルモンであるテストステロンが関係している病気であれば、全てに効果があります。
テストステロンが関係する場合、コラーゲンなど補給は皮膚を若く保ち、はりやつやを与えます。
ホルモンの補充療法により、ある程度ですが、皮膚のつややはりを保つ事ができるため、更年期の肌の症状を和らげることが出来ます。
とくに、抹消血管に関係している動悸や、ほてり、のぼせといった症状に、効果がよく出ますます。
また、このような症状が要因となって、不眠やゆううつといった、精神神経系の症状が和らぎ、進行を遅らせることもあるようです。
そして、更年期症状として見られる、汗が流れるくらいほてってしまうホットフラッシュと呼ばれる症状、皮膚のかさつき、背中などのかゆみといった症状にもホルモンによる治療は高い効果をあげます。
その他にも、テストステロンの影響が大きい臓器などにもよく効くこともあります。
しかし、ホルモンの補充療法があまり効かない場合もあります。
ひざの痛みや、腰痛や、肩こりといった症状がそうです。
加齢によって起こる骨の変形や、生活習慣などが影響して、効果をあまりあげないことがあります。
さらに、精神的に大きいストレスなどを感じると効果を妨げ、あまり効かないこともあるようです。
イライラやゆううつ症状、大きな不安がある場合、症状が発生している時は、精神科で診てもらい、治療をされるのが望ましいでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 5月 21, 2009

Categories: 更年期障害 男   Tags: , , , ,

次ページへ »