無添加 化粧品

男性にも無添加ヘアケア

肌に優しい無添加化粧品は、女性だけのものではなくなっているようです。
無添加商品はスキンケア化粧品、ボディケア、ヘアケアなど幅広く展開されており、中には男性向けの製品も発売されています。
男性の悩みで多いのが、抜け毛や薄毛に関するものです。
抜け毛対策として育毛剤を使ったり頭皮のマッサージをしたり、あれこれ試している人も多くいると思います。
「髪に良い」と言われることは何でも試してみたいですよね。
まず髪と頭皮を清潔に保つためのシャンプーですが、無添加のものを選ぶようにしましょう。
パックスナチュロンやピュアナチュラルなどが有名です。
シャンプーの成分表示を見て、ラウリル硫酸ナトリウムやパラベン、香料などが含まれているものは避けた方がよいでしょう。
無添加シャンプーと完全無添加シャンプーの2種類があって悩む人もいるようです。
無添加シャンプーと謳っているものの中には、香料や防腐剤は用いていないものの化学合成物質を洗浄剤として使用しているものもあります。
完全無添加シャンプーの場合は洗浄成分に自然のものを用いていると言えます。
いずれにしても、シャンプーに表示されている成分を見て、水の次に書いてある洗浄成分を見極めることが大切です。
その他、タンパク質の豊富な食材を積極的に摂る、十分な睡眠を取る、マッサージとブラッシングは毎日欠かさない、などを習慣づけるとよいと思います。
タンパク質は豆腐や納豆などの大豆製品や牛乳、卵などに含まれているので、毎日難なく摂れると思います。
また髪の成長は22時から2時の間にもっとも進みますので、その間はしっかり睡眠をとっておきたいものです。
マッサージは頭だけでなく首や肩ももみほぐしましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 4月 30, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

トライアルセット

肌に負担の少ない無添加化粧品や自然派化粧品に興味があるけど、どれを使ったらよいのかわからない、商品広告の評価を見てもいい意見が多くてそれぞれの違いがわからない、そんな感じで購入を決めかねている人もいることでしょう。
口コミサイトや身近な人の意見も参考になりますが、やはり自分の肌に合うかどうかは自分で使ってみないとわからないですよね。
無添加と謳われていれば必ずしもトラブルが起きないとも限りませんし、逆に安い化粧品でも調子よく過ごしていけることだってあります。
スキンケア商品は毎日肌につけるものだからケチりたくない、という考えの女性が多く、勧められるままに揃えていくと高額になることもしばしばあります。
高いお金を払った挙句、自分の肌に合わずに破棄することになったらもったいないですよね。
そこで各メーカーから発売されているトライアルセットを購入して試してみてはいかがでしょうか。
多くのメーカーではスキンケア商品を10日から3週間分をまとめたお試しセットを用意してあります。
例えばアテニアからは洗顔、ローション、昼用ミルク、夜用クリームが2週間分とポーチがセットになって1200円で発売されています。
オイルカット化粧品のオルビスアクアフォースシリーズでは、洗顔、ローション、モイスチャー3週間分とポーチがセットになって1680円。
Jino(味の素)からは年齢肌に対応したアミノ酸スキンケアとして、洗顔、ローション、美容液が2週間分とポーチがセットになって1260円。
これらは一例で、その他のメーカーからもミニセットや、無料サンプル、初回のみの限定価格が用意されています。
お試しセットを有効に活用して本当に自分の肌に合う化粧品を見つけてください。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 4月 29, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

ミネラル化粧品

自然派志向の人が増えたことで、コスメの分野でも無添加や天然系の化粧品が関心を集めていますね。
そんな中、ミネラル化粧品というものも注目を集めているようです。
ミネラル化粧品とは香料やタール色素、防腐剤などを無添加とし、天然鉱物を原料としたファンデーション等のメイクアップコスメのことです。
無添加化粧品なので肌には優しく、さらに原料として含まれるミネラル成分がスキンケア効果までもたらしてくれるという素晴らしい化粧品が各メーカーから発売されているようです。
お化粧をすればするほどミネラルによって肌が元気になるということなのでしょうか。
例えばメイべリンニューヨークから発売された自然派ミネラルファンデーションは、カバー力がある上、天然パール成分が配合されているため光沢感もあり、さらに肌荒れに対する効果も見られるそうです。
メイクは肌に負担をかけている、という感覚が変えられる商品のようです。
ザ・ボディショップからも高純度のミネラルから作られたパウダーファンデーションとチークは発売されています。
紫外線から肌を守る効果もあり、カラー展開も豊富なことから、肌を保護しつつ好みの仕上がりに調整できます。
パルガントンは舞台用メイクとして話題を呼びましたが、ここからは100%天然ミネラルのファンデーションが発売されています。
舞台用メイクだけあり、朝のメイクが夕方までくずれなかった、というモニター意見も紹介されていました。
ただ、これらの商品広告の中では紹介されませんが、モニターの中には良い結果を得られなかった人もいるとは思います。
無添加化粧品が全ての人に優しいわけではないように、このような化粧品が全ての人に明らかな効果を見せるとも言い切れません。
しかしミネラル配合の肌が元気になりそうなコスメ、気になる人は一度お試しください。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 4月 28, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

好転反応って?

皆さんは好転反応といった言葉を聞いたことがありますか?
エステを受けたり新しい化粧品を使い始める時に、お店のスタッフから「お肌が良い状態に向かう際に、一時的に何らかの反応がでるかもしれません」という説明を受けた人もいることでしょう。
実は私も知人に勧められて無添加の化粧品を使ったときにヒリヒリとした痛みと発赤があったのですが、それは「無添加の化粧品を使うことで、今まで溜まっていた毒素が出ている証拠です」と言われました。
その後、勧められた化粧品は使わずに廃棄してしまいましたが、よく考えたら痛みや赤みが発生するということは自分の肌にその化粧品が合っていないということなんですよね。
化粧品や健康食品を販売する段階で、この好転反応という言葉がセールストークとして使われることがありますが、これは製品の副反応を逆手にとって利用した手段と言えます。
肌に合わなかったときのごまかし用語として使われることがしばしばあるのです。
せっかく自社の製品を使い始めたユーザーを手放さないために「この反応は効果の表われですから、ここで使用をやめてしまってはもったいない」などと言われることもあるようです。
このような言葉に振り回されて、本当は肌に合っていないのではないかと思われる化粧品を無理して使い続けるのはやめましょう。
もし使い続けることで症状が落ち着いてきたとしても、それは肌がその製品を受け入れたことにはなりません。
肌に症状が表われたときは、医師に相談するなどの措置を怠らないでください。
ちなみに好転反応とは本来、物理的に体に力を加えるマッサージや低周波治療の後に出てくるほてりやだるさといった症状を指して使う言葉です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 4月 27, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

日焼け止め化粧品の素材

無添加や自然派と言った様々な製品がたくさんの人から指示されているのには、体に余計な有害物質を入れたくない、体に優しいものを使いたい、と考える人が増えているからだと思います。
中でも化粧品は毎日長時間に渡って肌に付けるものですし、多くの女性が化粧品の安全性に気を配るようになりました。
日焼け止めに関しても同じで、紫外線吸収剤無添加(ノンケミカル)の製品が主力となっています。
紫外線吸収剤が配合されていない日焼け止めは、その代わりとして紫外線反射剤が使われます。
現在ほとんどの日焼け止め製品に含まれている紫外線反射剤は、酸化チタンや酸化亜鉛という粉成分でできています。
日焼けシーズンが来ると店の化粧品売り場にはUVケア製品のコーナーが特設され、いろいろなメーカーから日焼け止め製品が売り出されます。
皆さんは数ある製品の中からどのようにして日焼け止めを選びますか?
表示してある成分を見ても大体同じだし、配合してある量が違うだけなのでしょうか?
実は日焼け止めを作っているメーカーの技術によって、成分表示からは分からない品質の違いがあるのです。
紫外線反射剤の酸化チタンは、肌に白残りしないためにとても細かく微粒子化されます。
この微粒子化と、分散させた粒子が再びダマにならないための技術がメーカーによって異なってくるのです。
成分表示だけでは見えてこない品質の部分ですが、間違いないのは怪しげなメーカーの安価な日焼け止めには手を出さないことです。
また昨年の夏に買った日焼け止めを今年の夏も使おう、ということも、成分の酸化や酸化チタン微粒子がくっつき合っている心配もあるのでやめましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 4月 26, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

UVケア製品での肌トラブル

今や大人の女性だけでなく赤ちゃんまでUVケアが必要な時代になってしまいました。
大人も子どもも男性も女性も関係なく、有害な紫外線から肌を守る必要があるのです。
しかし日焼け止めクリームなどのUVケア製品で肌トラブルを起こしているという話もよく聞きます。
無添加化粧品ブームで、UVケア製品にも無添加や天然系の製品が多く出回っているこの頃、肌に優しいはずの無添加スキンケアでなぜトラブルが起きてしまうのでしょう。
日焼け止めクリームでトラブルが起きた場合、皆さんがパッと思い浮かべるのは「紫外線吸収剤」の有無ではないでしょうか。
紫外線吸収剤無添加と謳われた商品が多いため、紫外線吸収剤が何が肌に悪さをするように思われているのです。
現在ではほとんどのUVケア製品が紫外線吸収剤無添加になっています。
しかし日焼け止めである以上、紫外線をカットさせる機能が必要となります。
そこで紫外線吸収剤の代わりに使われるのが、紫外線反射剤です。
実は紫外線反射剤は酸化チタンや酸化亜鉛などの粉成分から成り、これが毛穴に詰まって肌トラブルを引き起こしているケースもあるようなのです。
さらに最近では日焼け止め化粧品を塗った時の白残りを防ぐため、酸化チタンをより微粒子化して透明に近づけてあります。
粉成分がより細かくなれば、毛穴への詰まりがさらに増してしまいますね。
現在、紫外線吸収剤が直接肌に触れないようカプセル化するといった開発がなされているようです。
肌への刺激が少なく、さらにしっかり紫外線をカットしてくれるという理想的な製品が、一般に普及する日が待ち遠しいです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 4月 25, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

アミノ酸系の界面活性剤

石油系の界面活性剤が肌にも環境にも悪影響を及ぼす可能性があることは、前にもお話しました。
昔に比べれば技術の進歩によって安全性が増していると言われていますが、それでも安定性や洗浄力に優れて肌への刺激が強いものを選ぶか、洗浄力はマイルドだが肌にも優しいものを選ぶかと言われれば、ほとんどの人は後者を選ぶことでしょう。
無添加化粧品が多くの人の支持を得ているのも、肌に優しい商品を求める人が増えているからでしょう。
さて、石油系界面活性剤無添加の代わりに化粧品に使われているものの一つに、アミノ酸系界面活性剤があります。
これは消費者の天然・無添加志向のニーズに応えるべく、より安心して使える肌に優しい界面活性剤としてメーカーが開発をしたものです。
とても難しい研究を経て開発されたアミノ酸を主体とした界面活性剤は皮膚への刺激が少なく、洗浄力もマイルドになっています。
現在ではおもにシャンプーや洗顔料などの洗浄剤として使われています。
また一部のスキンケア製品(クリームなど)の乳化剤としても使わるようになりました。
現在では化粧品の全成分表示が義務付けられていますが、成分を見て「~グリシン~」「~グルタミン酸~」「~メチルタウリン~」「~メチルアラニン~」「~サルコシン~」という名前が含まれていたらアミノ酸系の界面活性剤が使われていると考えられます。
天然系スキンケアや無添加化粧品にこだわるのであれば、成分表示を見てこれらの洗浄成分が水の次に書かれている製品を選ぶとよいと思います。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 4月 24, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

無添加化粧品を安全に使い続けるために

無添加化粧品と一言に言っても、着色料無添加、防腐剤無添加、オイルフリー、アルコールフリーなど、何について無添加なのかは製品によって様々です。
しかし防腐剤無添加と書いてある製品でも、私たちが家庭で化粧品を手作りするのとは訳が違いますから、開封後すぐに腐ってしまうということはありません。
原料の段階で防腐処理がしてあるためです。
しかしいつまでも長持ちするものでもありません。
化粧品でも封を開けて長い期間放っておけば、液が濁ってきたり変色したり、悪臭が漂ってくることもあります。
それはいずれも化粧品の酸化や、中で菌やカビが繁殖してきたために起こる現象です。
すぐに廃棄処分しましょう。
せっかく高いお金を払って買った天然化粧品や無添加化粧品をこのような状態にしないために、いくつか気を付けておきたいことがあります。
まず、化粧品は他の人と共用しないでください。
複数の人間から化粧品に細菌が付着する原因となり、化粧品に含まれる保存料では対応しきれなくなります。
化粧品の中に細菌を入れないという理由から、扱うときはきれいな手で行ないましょう。
次に水で薄めた化粧品やシャンプーはすぐに使いきりましょう。
特にシャンプーなどはボトルに残った最後の液まで使いたい気持ちから、水で薄めて使う人も多いと思います。
しかし水で薄めると、もともと製品に含まれている保存料の含有率が下がってしまうため、細菌に対応できなくなり急速に繁殖を始めます。
特にタンパク質やアミノ酸など栄養分の高い製品では細菌が急増殖します。
最後ですが、肌に傷や腫れがある部位には化粧品を使わないようにしましょう。
化粧品に菌が感染してしまう、逆に化粧品内の細菌が傷から皮膚に進入する、と互いに悪影響を及ぼします。
これらはどれもあたりまえのことですが、いつまでも安全にスキンケアを続けるため、ぜひ守っていただきたいと思います。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 4月 23, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

石けん洗顔に関する素朴な疑問

肌トラブルの悩みから、無添加のスキンケアや化粧品に変える人が多くなっています。
しかし化粧品に含まれている数多くの成分のうち、どの成分がどんな風にトラブルを起こしているのかを詳細まで理解している人は少ないため、無添加に対していろいろな疑問も湧いてきます。
ここでは洗顔料より安心だと言われる石けんで洗顔を始めた人から寄せられた素朴な疑問についてお話したいと思います。
●石けん洗顔をした後は、石けんカスが残るというのは本当でしょうか?
おそらく石けんが水の中の硬度成分(ミネラル成分)に出会い、金属石けんになるという話を根拠としているのでしょう。
石けんカスとは、この水に溶けない金属石けんのことです。
しかし日本国内で普通の水道水を使って洗顔していれば、まず石けんカスが残るというようなことはありません。
また、石けんで顔を洗うとその後の化粧水の浸透を悪くするという話もあるようですが、根拠のないものです。
●馬油など動物性の油脂を原料としている石けんを使っていると、にきびが悪化してしまいますか?
石けんは油を原料としていますが、製造過程において苛性ソーダで煮るため、石けんの状態になったときには油脂の状態では残っていません。
そのため動物性の油脂を使った石けんを使ったことでにきびが悪化するということはないでしょう。
●無添加石けんに消費期限はありますか?
洗浄力を発揮させるためにもできるだけ早く使い切りましょう。
化粧品の分類であれば、消費期限は通常3年です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 4月 22, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

手作りリンスレシピ

前にヘアケアまで無添加にこだわっている人のお話をしましたが、もし自分も試してみようと思う人がいれば、ぜひこのレシピも参考にしてください。
このリンスのレシピではハーブが使われていますので、ハーブティーが好きな人や手作り化粧品に興味がある人には楽しんで作れると思います。
無添加化粧品と併せて、無添加ヘアケア生活もお試しください。
●材料(250cc 約5回分)
熱湯…280cc、お好きなハーブ…大さじ1、クエン酸…25g、グリセリン…小さじ1、椿油やホホバオイルなど好みのオイル…数滴
●作り方
1・ティーポットか小鍋にハーブと熱湯を入れ、10分置いてハーブティーを作ったら漉して冷まします。
2・冷めたハーブティーにクエン酸、グリセリンを入れ、最後にオイルを混ぜて出来上がりです。
最後に加えるオイルは好みの香りの精油でもOKです。
無添加ヘアケアにとことんこだわりたい人は、ぜひ無農薬のハーブを使ってください。
保存性は劣りますが、ハーブに含まれる栄養分が多いそうです。
その場合、小さい容器に小分けして使わない分は冷蔵庫保存するのがよいと思います。
できるだけ早く使い切ってください。
ハーブの種類はラベンダーやローズマリーがお勧めですが、いろいろブレンドしてみるのもよいと思います。
作る段階でハーブティーにクエン酸を加えると、色がパッと変わるのもまた楽しいです。
…と、ここまで手作りリンスを紹介しておきながら言うのもおかしいですが、面倒な人はリンスまで手作りしなくても市販のものを使えばよい、とも書かれていました。
シャンプーを無添加石けんに変えるだけでも髪への影響は違ってくると思いますので。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 4月 21, 2010

Categories: 無添加 化粧品   Tags: , , , ,

次ページへ »