生命保険 見直し 事例

保険の組み換えや転換をする場合

生命保険の見直し事例で一番多いのは、組み換えではないでしょうか。
生命保険は、基本的に命の保障、すなわち死亡保障を行う保険です。
その為、フォロー範囲は狭いといわざるを得ない保険です。
そこで、非常に多くの特約が用意されているのが、この生命保険の特徴と言えます。
こういった特約を途中で変更するというのが、見直し事例ではよく見受けられます。
また、同様に定期保険を終身保険に切り替えるなどの組み替えもよく見られます。
これは、基本的に定期付終身保険の場合に行われる見直し事例ですね。
定期付終身保険の場合、定期保険部分と終身保険部分の金額をそれぞれあらかじめ設定していますが、組み換えによってその配分の変更が可能となります。
たとえば、それまで定期保険部分にかけていたお金を減額し、変わりに終身保険部分を増額するということもできるのです。
ただし、保険料が上がるケースも多々あります。
また、保険の契約転換を行う事例もよく見られます。
これは、いわゆる乗り換えというもので、保険会社の変更を行うという意味のものです。
長年保険に加入していると、今契約している保険会社と比較し、保障範囲は同じで保険料が安いというケースが出てくる事はよくあります。
その時に保険の見直しを行い、そして転換を行うという事例は結構多く見受けられます。
ただ、この転換は新たに加入する際に発生する責任準備金、あるいは雑費といったものが結構かかるため、結果的には存するというケースも多いようで注意が必要です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 11月 24, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

保険の解約をする場合

人生の中で、生命保険の見直しを行うタイミングは非常にたくさんあります。
その事例ひとつひとつには、保険を解約するという選択肢が含まれています。
その解約は、たとえばもう保険料を払うのが困難となったという事例もあれば、もう自分には必要なくなったという場合、あるいは別の会社に乗り換える為の解約という事例もあるでしょう。
いずれにしても、生命保険というのは、特に見直しする機会が多い保険と言えます。
そんな中で、解約することになった場合、どんな手続きが必要なのでしょう。
基本的には、その会社に対し、解約の意思を伝えることになります。
ただ、普通に解約したいというだけでは、解約できないケースも多々あります。
しっかりとその理由を提示する必要があるでしょう。
その理由が正当であれば、後は事務処理のみです。
指示に従って書類を作成し、それを保険会社に送り、解約手続きを進めていくことになるでしょう。
生命保険を解約するということは、その時から死亡、もしくは大きな病気に対しての保障がきれいさっぱりなくなるということです。
当然、解約後すぐにがんや心臓病にかかったとしても、保障されることはありません。
そのリスクをしっかり踏まえた上で見直しを行い、解約に踏み切る必要があります。
そして、もうひとつ大きなリスクとしては、基本的に生命保険の場合、積み立てではないので、支払ってきた保険料はほとんど返ってきません。
配当付きの場合は配当金、契約によっては解約返戻金が戻ってきますが、いずれもそれほどの額にはならないでしょう。
中には、解約返戻金で一定期間以上契約が続けば、かなりの額が保障されることもあります。
とはいえ、基本的にはそこまで条件の良いースは少ないようです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 11月 23, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

離婚、辞職時の見直し

人生、いいこともあれば悪いこともあります。
成功もあれば失敗もあるのが、世の常というものです。
中には、結婚して幸せな家庭を築いた人もいますし、その幸せが長く続かなかった事例もあるでしょう。
また、一生懸命働いていても、リストラという憂き目にある人も、今の時代少なくありません。
そういった悪い状況に陥った時も、生命保険の見直しのタイミングとなります。
よく見られる見直しの事例としては、離婚した場合の妻側の解約です。
家族で加入している場合、配偶者の支援がなくなる、もしくは少なくなるわけですから、生命保険が削られるのは致し方ないところです。
独り身となった夫が解約する事例も多々見受けられます。
離婚は、基本的には生命保険の解約のタイミングと言って良いでしょう。
また、会社を辞めた時も同様です。
失業手当がついたとしても、その手当が支給される期間中に次の仕事を見つけなければなりませんが、そう都合よく見つかるとは限りません。
そうなってくると、真っ先に生命保険が解約ということになりやすいですね。
保険全体の見直しを行った場合、生命保険と自動車保険が最初に削られることになるケースが多いようです。
いずれにしても、不本意な決断であることは変わりありません。
もしこの状況で大きな病を患ってしまい、入院するなどという事になれば、目もあてられないでしょう。
こうなった場合は、一刻も早く保険を再び見直しできる環境を作りたいものです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 11月 22, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

マイホーム購入時の見直し

家族を持った男性の夢。
それは、やはりマイホームの購入でしょう。
今はマンションの購入という選択もだいぶ増えてきており、それも選択のひとつとして十分魅力的ではありますが、男としてはやはり一国一城の主を目指したいところです。
その為には、一戸建ての住宅をドーンと購入したいところですよね。
実際、多くの人がその夢を実現させています。
とはいえ、それはとても容易なことではありません。
ほとんどの人は、何十年も払い続ける住宅ローンを組み、その為に働くという図式で購入しています。
つまり、マイホームを購入した時点で、ある意味人生の大半の目標はかなえられ、残りはその代価を支払う生活になっていくということになります。
しかし、それでも夢をかなえようと、あるいはかなえた夢を守ろうと、男たちは必死になって働き続けるのです。
というわけで、マイホームを購入すると、当然住宅ローンというものが家庭の経済大きくのしかかってきます。
生命保険の見直し事例として、このタイミングで見直しをする事例はかなり多いようです。
実際、住宅ローンを組むということは、それだけのお金が月々消えていくということで、生活費から削れなければ、保険から削ることになるのです。
また、住宅ローンを組む場合は、必然的に火災保険に加入することになります。
そこで、生命保険を乗り換える、あるいは一部解約を行うなどの見直し事例が発生するわけです。
住宅ローンを組む場合、基本的には団体信用生命保険に加入することになります。
そちらに乗り換えるケースというのも、非常に多いようです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 土曜日, 11月 21, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

子供が生まれてからの見直し

生命保険に限らず、結婚の次に保険の見直しを行うタイミングとしては、子供が生まれた時になることがほとんどでしょう。
子供が生まれると、世帯主にかかる負担は一気に大きくなります。
責任も重大です。
夫婦だけの家庭と、子供が生まれた家庭では、経済的な状況も一変します。
子供が生まれれば、当然夫婦共働きというのは難しくなり、夫の稼ぎがそのまま収入のすべてとなるケースがほとんどなので、必然的に収入は下がってきます。
もともと専業主婦という家庭であれば、収入減とはなりませんが、子供の養育費は当然かかります。
そういった金銭面の問題で、まず保険を見直しする必要が出てくるでしょう。
生命保険の場合、こども保険というものがあります。
このこども保険に加入する、という見直しも、事例としてはよくあります。
ただ、子供に対しての保険よりは、やはり世帯主、つまり収入源となっている夫の死亡保障を手厚くする事例が一番多いようですね。
基本的に、子供が生まれると、その時点で夫が大黒柱となり、収入を得ていくことになります。
その夫に万が一の事があれば、子供を育てていくのは非常に困難です。
その為、その万が一に備えるという事例が多いのは当然のことといえるでしょう。
こういった事例は、生命保険の本分と言って良いかと思います。
重い命、重い責任に対して、それを保障する生命保険は、このような弱者を守るためのものであるべきですから。
子供の為にも、できれば生命保険はこのタイミングで加入しておいたほうが良いでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 金曜日, 11月 20, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

結婚してからの見直し

生命保険の見直し事例として一番多いのは、もしかしたら結婚した時かもしれません。
結婚というのは、すなわち家庭を持つ事と同義です。
自分の家庭を築いたならば、生活習慣というのは一変して然るべき。
つまり、各種保険、そして生命保険の見直し事例が多くなるのは必然といえます。
特に、家族を持つ事で住宅ローンを組む人は多くなりますよね。
その為、住宅ローンとの兼ね合いという点も考慮しなくてはならなくなります。
医療保険も優先的に加入したくなる時期でもあります。
生命保険には医療保障が付くタイプのものも多いので、そちらを優先的に加入するという事例もある程度見受けられますが、この時期は生命保険より医療保険のほうを優先する家庭が多いようですね。
医療保険にも死亡保障が付くタイプ、特約で付けられるプランはたくさんあるので、生命保険はそっちで賄うというケースが多いようです。
いずれにしても、結婚というのは全ての生活習慣を見直すタイミングですよね。
その中で、生命保険は優先順位がやや低くなる傾向が見受けられます。
ただ、それはそれで構わないかと思います。
若いうちから生命保険のプライオリティを高めに設定する必要はありません。
結婚後も、保険を見直す機会はたくさんあります。
その時期にまた、生命保険というものに対して改めて考えればそれでいいのです。
無理に若いうちから命について考え、死亡保障を手厚く・・・とする必要はありません。
ただ、重要なのは、結婚した事で、自分ひとりの身体ではなくなったという事実です。
相談すべき相手ははっきりしているので、しっかり相談した上で見直しをするようにしましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 木曜日, 11月 19, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

社会人になって直ぐの見直し

生命保険の見直しを行うタイミングというのは、人生の中で何度もあります。
ただ、最初に加入するタイミングというのは、総じて「社会人になってすぐ」ではないでしょうか。
企業に就職する場合、社会保険への加入を義務付けるところは結構あります。
その時に、生命保険も間違いなく勧められます。
そこで加入するという人がかなり多いのではないでしょうか。
ただ、そういった際に勧められる保険というのは、総じて自身の身の丈に合わない高額な保険であることが多いようです。
何も考えずにこの時点で加入した場合、自分の収入から引かれる保険料に愕然とするのではないでしょうか。
その為、生命保険の見直し事例としては、「社会人になって生命保険に加入したすぐ後」のタイミングで行われる事が結構多かったりします。
生命保険の見直し事例として、この時期に多いのは、当然保険料の安い会社への乗り換えですね。
最初に勧められた保険ではとても生活ができない、あるいは遊ぶお金が作れない等の理由で、乗換えを行う事例が多く見受けられます。
まだ若いこの時期には、生命保険に対しての意識も薄いため、とりあえず加入はしたけど、やっぱり自動車保険や損害保険を手厚くしたい、と考え直す人も多く、そういった変更を行うという事例もよく見られますね。
いずれにせよ、この社会人になってすぐというタイミングでは、非常に多くの人が保険に対して色々考える事になるかと思います。
そういう意味では、絶好の見直しの時期ともいるでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 水曜日, 11月 18, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

老後を考えての見直し

生命保険は、命の消失を考え、その消失によって周囲に与える影響を最小限に抑える為の保険ともいえます。
その為、命が終える可能性が高くなればなるほど、生命保険というものに対しての意識、ひいては見直し事例というものが増えてきます。
高齢になるにつれ、生命保険が他の保険以上に重要視されてくるのです。
ただ、年を取ってから見直しというのでは、いささか遅い場合もあります。
重い病気を患ったりした場合、あるいは年齢的を重ねていった場合、条件によっては加入できない保険が増えてくるからです。
会社によって、あるいはプランによってそういった条件は変わってきますが、基本的には病巣を抱え、年齢を重ねるという事は、加入できる保険の数が減っていく事に繋がると考えていいでしょう。
つまり、老後に見直しをしても遅いという事です。
となれば、当然老後の前、若年、中年と呼ばれる時期に老後を考えて生命保険の見直しを行うべきという事になります。
ただ、老後を見据えるのは良いとして、自分が死ぬことを前提とした見直しを行うというのは、あまり気が進みませんよね。
実際、その抵抗感からか、若年層の生命保険見直し事例というのは、比較的少ないと言えます。
しかし、そういった周りの事例の数に惑わされず、しっかり見直しをして、自分と自分の老後に最適な保険を探す事が大事なのです。
多くの家庭に見られる事例として、仕事一筋で生活してきた一家の主が、いざ定年を迎えて今の保険が満期を迎えた時、次に入る保険が見つからなかった、なんて事が非常に多く見受けられます。
仕事に精を出すあまり、家庭はもちろん、自分の保険に対しての知識もつけなかった結果、自分の年齢では入れる保険はもうない、ということに気が付かないまま定年を迎えるという事例はとても多いようです。
特に、伴侶を亡くした後によくそういった事が起こり得ます。
その時になって後悔しないよう、保険の見直しは早いうちにすべきなのです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 火曜日, 11月 17, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

命を考えての見直し

生命保険というのは、基本的には死を保障する為の保険です。
言い換えれば、命を保証する為の保険でもあります。
その為、死亡保障だけでなく、命を守る為に必要な費用を保険金として支払う保険でもあるのです。
こういった生命保険は、しばしば道徳的な観点からあまり語る事をはばかれる事があります。
極端な例を言えば、高齢の方に対して「生命保険を見直しして、より高い保険金が出る会社にしない?」と聞くというのは、あまりにも非人道的ですよね。
ここまで極端ではなくとも、生命保険をかける、加入するという事に抵抗を感じる人は少なくないでしょう。
また、若い内には自分が死ぬという事を想定したり、考えたりする事はあまりありません。
死が身近なものではないのです。
その為、生命保険に加入するという事に抵抗を覚える人は少なくないようです。
そういった人達でも、何らかのきっかけで命に対して考えを変える事があると、生命保険の見直しを行うという事例は非常に多く見受けられます。
死を受け入れる、あるいは自分が死んだ時に周囲に迷惑を掛けたくないと考えるようになった人は、自ずと生命保険というものの意義を見出す事ができるからです。
生命保険は、高齢になればなるほど、見直しをしたいという気持ちが増幅していく傾向にあるのです。
見直しの事例としては、金額面でのものも少なくはありません。
保険料と収入の兼ね合いで、高齢になるにつれて安い保険にシフトしていくというのがよく見られる事例です。
また、基本的に死亡保障を外すということは考えない保険ですから、特約に関する見直しなどの事例も多いですね。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 月曜日, 11月 16, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

病気、怪我を考えての見直し

生命保険に加入する理由として最も多いのは、死亡保障だけでなく、死亡保障と入院治療の保障をして欲しいというものかと思います。
その為、生命保険には単純に死亡の補償だけでなく、医療保険の内容が付随するケースがほとんどです。
そして、この医療保険の範疇に関して、見直しする事例がかなり多く見受けられます。
主な見直しの事例としては、死亡保障のみ加入していた人が、医療保障を付加するというものですね。
というのも、医療保障は比較的安価で加入できるからです。
入院費用というのは、1日1万円出れば十分対応可能ですが、それくらいの保険金であれば、保険料は高くても月3,000円、安ければ1,000円台で加入できます。
そういった気軽に加入できる保険だからこそ、生命保険のプランの一環として加入する人が多いのです。
怪我や病気に一生全く縁がないという人はまずいないですよね。
入院に関しても、一度くらいは経験する可能性が高いと言えます。
ただ、老後に入院するのは確率的に非常に高いですが、若い頃にはそれ程お世話になる機会がないと考えている人も多いようです。
その為、当初は死亡保障のみの生命保険加入を行う人が多いようです。
そういった人が医療保障の保険料の安さを知り、ある程度収入が安定したところであらためて見直しを行い、医療保障をつけるという事例が多く見受けられます。
医療保険は、生命保険とセットで加入するのが一番お得です。
できれば、はじめのうちからプランの中に加えておくことをお勧めします。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin  Date: 日曜日, 11月 15, 2009

Categories: 生命保険 見直し 事例   Tags: , , , ,

次ページへ »